山陰の冬を代表する
味覚の王者「松葉ガニ」。

鳥取に水揚げされる松葉がには、鳥取沖の水深250メートル辺りの大陸棚にいます。
その辺りの海底は、秀峰大山の火山灰が積もった堆積土で栄養が豊富。加えて水は清浄な深層水。
そんな恵まれた環境で育った松葉ガニは美味しさもひときわです。
カニは鮮度が命。活きたまま水揚げできる漁港は、越前とここ山陰のみといわれています。

当館でご提供しております松葉ガニは境漁港水揚げの赤タグ「とっとり松葉ガニ」のほか、
同じく境港水揚げでも島根県の隠岐松葉ガニ船団の青タグ「島根県隠岐松葉ガニ」もございます。

カニ船が帰る境港漁港直送の保証タグ付き松葉ガニをどうぞご賞味ください。

宿泊予約